ゴリラ脱毛の評判・口コミを徹底検証!【自腹レビュー】

ゴリラクリニックの脱毛器の種類と脱毛のしくみの違い

ゴリラクリニックの特徴1「脱毛器の種類の豊富さ」

ゴリラクリニックは、6つのレーザー脱毛器を使用しています。

①ライトシェアデュエット、②ライトシェアHS、③ソプラノアイス、④ジェントルレーズプロ、⑤ジェントルヤグ、そして最新の⑥メディオスターNext Proです。
資料

これほどの数を用意しているのはゴリラクリニックのみです。

有名なクリニックでも3種類です。

・メンズリゼクリニック3種類(ライトシェアデュエット、メディオスターNEXT、ジェントルヤグ)
・湘南美容外科3種類(アレキサンドライト、ウルトラ美肌脱毛、メディオスターNext)

ゴリラクリニックでは、これらのクリニックの倍も用意しています。

その理由は、肌の質、状態に合わせてこれらの脱毛器を使い分けているからです。

一番人気!メディオスターNext Proの特徴

メディオスター

メディオスターNext Proには、

・他のレーザー脱毛器よりも痛みがソフト
・色黒でも日焼けしていても施術可能

というメリットがあります。

最近ではメディオスターを指定してくる人がほとんどです。

ただ、デメリットがあります。

それは、脱毛効果を感じる時間が長いということです。

メディオスター以外のレーザー脱毛器(ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザー)では、施術してから2週間~1ヶ月の間に、毛がぽろぽろと抜け落ちていきます。

朝起きたら枕にヒゲが落ちていたとかある朝鏡を見てみたら毛が減っていたとか、そういった事が2週間~1ヶ月の間に起こるのです

しかしメディオスターの場合は、他のレーザー脱毛器としくみが違うため、脱毛効果を実感するのに3ヶ月ほどかかります。

というのも、既存のレーザー脱毛器は、今見えている毛(15~30%ほどの毛)に対してダメージを与える方法なのに対して、メディオスターは、これから生えてくる予定の毛に対してダメージを与える方法だからです。

既存のレーザー脱毛器のしくみ

既存のレーザー脱毛器は、毛のメラニンにレーザーを照射します。

医療脱毛のしくみ

画像はゴリラクリニックのHPより抜粋

このレーザーは、毛のメラニンに反応して250℃の熱を生み出します。

この熱は毛を伝って、毛本体とその根元にある毛根、その周辺組織にダメージを与えます。

250℃もの熱を受けた毛は炭になります。

毛根は毛を生み出して育てる組織ですが、熱によってその機能が失われます。

今見えている毛が全て抜け落ちてから1ヶ月ほど経つと、新しい毛が生えそろいます。

その毛に対してレーザーを当てるということを繰り返します。

メディオスターのしくみ

メディオスターで照射すると65℃の温度が生まれます。

この温度で毛根に毛を生み出すように指示するバルジという器官にダメージを与えます。

メディオスターのしくみ

バルジがダメージを受ければ毛根に「毛を生み出せ」という指示は出さなくなります。

このように同じレーザー脱毛でも脱毛のしくみが全く異なるのです。

ゴリラクリニックでは、毛周期に合わせてバルジにダメージを与えるように施術をしています。

ですので、既存のレーザー脱毛器を使用してもメディオスターを使用しても、ゴリラクリニックでは施術を受ける回数や期間は同じです。

>>ゴリラクリニックの公式サイトはこちら

ゴリラクリニックの特徴2「4年間の無制限のプラン」

ゴリラクリニックの特徴は、

・ヒゲ脱毛には4年間無制限のプランがある
4年間無制限のプラン

・どの機種も選べる(指定できる)
・どの機種でも同じ料金
・メディオスターを全院で導入している

ということです。

ライバルの湘南美容外科にもヒゲ脱毛の4年間無制限のプランがありますが、最新のメディオスターだと、回数は1、3、6、9回と制限があります。

しかも、メディオスターだと割高な料金になりますし、メディオスターを導入していない医院もあります。

キャンセル料がかかるのも痛いところです。

もう1つのライバルのメンズリゼクリニックでは、メディオスターを導入を全院で導入していますが、4年間無制限のプランがありませんし、脱毛器の指定ができません。

ゴリラクリニックの場合は、ヒゲなら4年間何度でも脱毛することができて、しかもメディオスターを指定できます。またキャンセル料などはかかりません。

>>ゴリラクリニックの公式サイトはこちら

PAGETOP
error: Content is protected !!